ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。

田舎好き集まれ!ワークエクスチェンジのススメ。

西オーストラリア州で兼業農家をしていますM Eです👩‍🌾

 

私が兼業農家をしているのは、旦那氏がもともとファームを所有している&ビルダーの仕事を夫婦で自営業でしているからです。

 

www.naiveme.net

 

 

日本で元教師だった私が今では

オーストラリアでファーマー&ビルダー👩‍🌾👩‍🔧

 

人生って不思議ですね。

 

もともと農業や建築業、田舎生活に興味があったのかというと、

 

YES。

 

大阪出身の私ですが、大学時代に5年間住んだ鹿児島で田舎好きを確信しました。

18~23歳という大人デビューの時期に親元を離れての生活でしたが、釣りしたり、友達のおばあちゃんちの稲刈りを毎年手伝ったり、芋掘りしまくったりしていました。

小学校の遠足で一番好きだったのは芋掘りだったので、鹿児島での芋掘り放題はかなり刺激的でしたね🍠!! 軽トラの上で、右手にサツマイモ、左手にはクワを持った写真は自慢の一枚でしたからねー📸 

 

そんな私がカナダへワーホリしたときに、オーストラリアワーホリ経験からファームで働いたという話を聞きました。ほとんどの人が、セカンドビザ申請のために働いたとのことでしたが、給料がめちゃくちゃだったりアコモがひどかったりと楽しい以外の問題が懸念されながらも気になっていました。

 

そして、いざオーストラリアへワーホリに行くと決めたとき、ワークエクスチェンジの存在を知りました。

ワークエクスチェンジとは

お仕事を手伝う代わりに、食事と宿を提供してもらうことです。あくまでお手伝いなので、原則的にお給料は発生しません。

 

オーストラリアのワーホリはスーパーギリホリだったので、セカンドは申請できないし、田舎で濃い生活を送ることが目的でした。

スーパーギリホリの詳細を知りたい人は、こちらをどうぞ。

↓  ↓

www.naiveme.net

 

しかも、この私にぴったりのワークエクスチェンジをすれば、食費と宿代がタダ!!これ、長期滞在者にはかなり魅力的ですよねー

 

 

ワークエクスチェンジの有名どころは、WWOOF(ウーフ)です。

WWOOFとは、World Wide Opportunities on Organic Farmsの略で、

WWOOFに登録されている農場や牧場でのワークエクスチェンジができます。

World Wideなだけに、加盟国は60カ国あるそうです。

wikipedia:ウーフ

 

当時、ウーフのホストの情報はウーフの本にしか載っていないと聞きました。

しかもその本は、その国の本屋さんに売っているので・・・

つまりは入国後に本を買って、受け入れ先ホストを探すという手順になります。

 

※現在は、ウーフはオンラインで登録制らしいです。

 

私はオーストラリア入りする前にホストを探して連絡を取りたかったので、ウーフの方法には少し抵抗がありました。

何とかして、ワークエクスチェンジを受け入れてくれるホストをインターネット上で探せないかと模索したところ、いい情報を発見!!

 

help X

これも会員制のワークエクスチェンジです。

わたしはWWOOFの本を見たことが無いので比較できませんが、とにかくhelp xの良い点は

・ホストはオンライン上で情報更新が可能なので、情報が新しい。カラー写真付き。

・サイトを通したメールでやり取り出来る。

・キーワード検索も可能。

・ファームステイ以外にも、コテージでハウスキーパー、ホームステイタイプで家事手伝いやベビーシッターなど種類が選べる。

・マイページで自己紹介できるので、何が得意とかアピールできる。

・お互いにレビューが送れるので、ホストの評判の確認ができる。かつ、自分にもレビューされるので、いいレビューが貰えたら次のホストも見つけやすい。

 

かなりいい感じでしょ?!

 

こちらが、help xのサイトです。

    ↓ ↓ ↓

https://www.helpx.net/

 

これをクリックすると、こんなページになります。


f:id:kengyonouka:20181007235946j:image

 

上の方に

Australia, New Zealand, Europe などなどあるように、ウーフ同様いろんな国にホストはいます。

会員じゃなくても、ホストリストは見れます。

試しにオーストラリアで見てみましょう。

Australia をクリックするとこんなページになります。


f:id:kengyonouka:20181007185644j:image

 

左のRegion namesのところに州ごとのホスト登録数が示されているよう、オーストラリア国内だけで8661 のホストがいます!

 

私の住んでいるWestern Australia をクリックしたら、こんなページになります。(ホストの更新順にリスト順が変わるので、みなさんとは同じページではないかと思いますが、参考程度に。)
f:id:kengyonouka:20181008114806j:image

薄黄緑の枠内が1人目のホスト。

左上の方に大まかな情報が載っています。

Town or city : helpxできる町の名前

All year : 受け入れ時期。この人の場合は9~5月

Area(ha) : 土地の広さ

Persons : 欲しい人数。性別を問うこともあり

Category : ファームステイ、ホームステイなど滞在の種類

 

そして、詳細は文章内に書いてあります。

要約すると、『ハミルトンベイ近くの小さなファームでオーガニックファームやってます。畑から好きな野菜や果物採って食べていいし、週二回の釣りに参加してくれてもいいよ。

週10時間労働もしくは1日2時間労働と交換で、

トイレとシャワー、プライベートエリアに泊まれるよ。(campはキャンプ以外に❛泊まる❜という意味があるので、この宿泊形態はホストに確認すべき!)

最近日も長くなってきて暖かいし、この辺のお花はキレイだよ~~~ 』

ってな感じです。

もっと詳しく知りたかったら、more insideをクリックすれば見れます。

 

次に、1人目のホストの写真の下に載っているのが2人目のホスト。

この人はパース市内でのホームステイ型、1,2人のヘルパーが年中ほしいみたいですね。

 

こんな感じでリストを見ることができます。

 

実際にホストに連絡取りたかったり、レビューを見かったら、お金を払ってregister して正会員にならないといけません。確か私のときは1年間で30ドルくらいだったかな?決して安くはありませんが、食費と宿代の事考えるとだいぶお得です💰

そして、なんと言ってもホストや他のヘルパーとの交流が楽しいです😊

 

私はオーストラリアでhelp xを3回経験しました。

次回のブログで、その詳細を書いていこうと思います。