ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。

【国際結婚】オーストラリアパートナービザ申請から3年経ち、ぼやっとしていたら・・・!!!

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

ワーホリ中に国際結婚をして、ワーホリビザがが切れる前にオーストラリア国内からパートナービザを申請して丸3年が経ちました。

 

気になるビザの進捗状況ですが、特に音沙汰無し💦

 

詳しい申請書類については、また別記事で落ち着いて書きたいと思いますので、今日はざっと私のビザの経過と、私の愚かさを紹介します。

 

私のオーストラリアビザ経歴

  • 2014 1/10 オーストラリアワーホリビザ取得
  • 2014 12/26 ワーホリビザを使い始める。すなわちこのビザは2015 12/26に切れる

  • 2015 11/11 日本で結婚
  • 2015 12/1 オーストラリアからパートナービザ (サブクラス820)を申請
  • 2015 12/2 Bridging visa A 取得 (注※1)
  • 2017 4/3 パートナービザ Temporary (サブクラス820) 取得(注※2)

 

そしてそれ以降、現在の2018 12/3 まで音沙汰無し。。。

 

なのは、私が悪いのですが・・・

詳しくは後ほど。

 

※1 …Bridging visa A とは

現在持っているビザから、申請したビザの審査結果が出るまでの繋ぎのビザ。2つのビザのハシゴ的な役割なのでBridge のing形の単語が使われています。

Bridging visa A を取得すると、メディケアカード(基本的な医療費が無料になるカード)が貰え、仕事ができるようになります。

オーストラリア国外に出る場合は、Bridging visa B を取得しないといけません。これもイミグレに申請しないといけませんが、私のときで140ドルほど申請料がかかりました。これを申請せずにオーストラリア国外へ出ると、Bridging visa A が無効になり、オーストラリア国内に入国できなくなるので気をつけましょう。

私がBridging visa B を申請した2016年は140ドルの申請料で、出国予定期間の前後2週間ほど長めの期間のビザでした。2016年は2度日本に一時帰国したので、Bridging visa Bを2度申請しました。

2018年現在では申請料が少し値上がりし、一度の申請で6ヶ月間のBridging visa B が貰えるようです。

 

※2 … パートナービザ Temporary (サブクラス820)  とは

これについては、正直よく分かっていないというのが本音です。私の解釈では、とりあえずはパートナービザが通ったけど、まだ本物じゃないビザ。

Bridging visa A との違いは、オーストラリアを出国するときに Bridging visa B を申請しなくていいということくらいです。出国する1週間くらい前に、イミグレに出国する期間をメールするだけでOK。

 

一昨日までの、のん気な私の様子

ということで、私は現在パートナービザTemporary でオーストラリアに住んでいるわけです。

元々、ワーホリビザからの切り替えだったので、申請から丸3年たった今でも仕事条件などワーホリ時代と大して変わらないので、ビザの違いがよく分かっていないというのが本音です。

どこであれ、旦那氏と暮らしていけるならそれでいいので、ビザはあまり気にしていません。

 

愚かな自分に気付く・・・!!!

っと、ここまでが一昨日に書いた記事。

赤太字の部分は、一昨日以降に書き足した部分。

なぜ、書き足したかというと、この記事を書き終えた後にものすごい大事な情報を見つけ、自分の愚かさに気付いたからです!!!!!

 

大事な情報とは・・・

記事を書いた後に、この Temporary の立場からいつ Parmanent になるのかなーーーのん気にとネットで検索したら、

 Temporary を取得したからって、Parmanent への移行はイミグレから連絡がくるわけではなく、自分で申請しないといけない!!!

という情報を見つけました!!!!

このありがたい情報源はこちらです↓

yuuki-life.com

 

さっそくイミグレのHPで確認すると、まさにその通りでした!!!

しかも・・・

f:id:kengyonouka:20181130112122j:image

これによると、Temporary を取得した後すぐに Parmanent の申請をしていれば、書類の再提出などを避けることができたのに、のん気な私はすでに1年半以上経っているので全部再提出しなきゃならんのだろうな。。。

 

でも今から焦ったところで、特に今の生活の何かが変わるわけでもないので、来年の時間あるときに申請してみようと思います。

 

あのありがたい記事を見つけていなかったら、何年も Temporary で過ごしてそうな私のお気楽なオーストラリア兼業農家生活です・・・🐐


f:id:kengyonouka:20181130112313j:image