ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。

【失敗談】カナダのクリスマスの様子が見たくて海外旅行してみたら・・・

クーリスマスが今年もやってくる♪♪

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

クリスマスまであと1ヶ月を切りましたね!!

こちらでは、あちこちのお店の装飾がクリスマスになり、クリスマスグッズもたくさん売られています🎄

ただ、夏のクリスマスなのでなんだか盛り上がりというか雰囲気に欠ける気がします💦

過去3年はオーストラリアでクリスマスを過ごしていますが、私にとっては夏のクリスマスはなんだかイマイチ・・・

やっぱ、クリスマスはホワイトクリスマスで寒くないとね~~~

 

で、思い出しました!!

 

私がカナダへ行った最初の年に、友達とカナダのクリスマスを体験すべく旅行をして失敗したことを。

 

カナダのクリスマスイベントってすごそう!!

2012年6月末に私は学生ビザでカナダへ渡りました。

私がカナダへ行く前から、同じ学校で勤務していた2人の友人が『絶対に遊びに行くから!!』と約束してくれ、『どうせなら冬休みに、クリスマスとかどう?!カナダのクリスマスって盛大そう♪今年のクリスマスは3人でカナダだー!』と私を送り出してくれました。

8月になり、彼女たちは学校勤務なので夏休み。カナダ行きのチケットを買いたいのでと、旅行の計画も具体的になってきました。

行きたいところは3人でLINEで相談しながら決めて、もちろんカナダ国内のホテルや移動手段は私が予約する係。

最終的には12/23から27日の4泊5日でトロント、モントリオールを旅行することに決定しました。

当時私はハリファックスという東海岸の街に住んでいたので、友達とはトロント空港で合流することにしました。

 

ホストマザーからの警告

クリスマス計画の予約をしたとき、私は強烈キャラのホストマザーの家に住んでおり、クリスマス計画の話をしても大して興味を示されませんでした。

※彼女がいかに強烈キャラか知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

www.naiveme.net

 

ここの家を出た後の2件目のホストマザーは、とても優しく女神のような女性でした。

この家に引っ越したのが9月末のことですが、マザーがさっそくクリスマスの予定を教えてくれました。

マザー:『クリスマスの前夜から家族や友達が集まって、盛大なパーティーをするの!ターキーも焼くし、とっても楽しいわよ♪』

ME:『えっ?!日本から友達が来て旅行する予定なんだけど・・・』

マザー:『クリスマスに?!!クリスマスなんかどこも開いてないよ。だから友達もうちに呼んだらいいよ。』

ME:『えっ?!でも、もう全部予約しちゃった。。。』

マザー:『どこ行くの?』

ME:『トロントとモントリオール。』

マザー:『寒いわよ!なんで?なんでクリスマスにわざわざ旅行するの?』

ME:『カナダの本物のクリスマスが見たくて。。。』

マザー:『本物のクリスマスは家族で過ごすときだよ。』

 

もうすでに友人が日本からのカナダの航空券を大阪~トロント、モントリオール~大阪という往復ではないチケットを予約済みだったので、今更変更はできず旅行は決行されました。

 

本気のクリスマスモード

12月に入ると、周りはクリスマス一色🎄🎅🌟

家中クリスマスデコレーションで、本物のもみの木のクリスマスツリーも飾ります。f:id:kengyonouka:20181127123328j:image

 

マザーはお菓子作りが大好きで、カナダやアメリカに住んでいる子どもや孫に送るためにクッキーを毎日焼いており、家中がいい匂い。f:id:kengyonouka:20181127122735j:image

 

クリスマスプレゼントもたくさん買い込んでおり、マザーはクリスマスソングを歌いっぱなし。日々クリスマスモードが濃くなり、トロントへ旅立つ12/23はかなり後髪を引かれる気持ちでした。

出発する前には、マザーから『少し早いけど、メリークリスマス!楽しんでおいで!帰ってきてから、またクリスマスパーティーしよう。』と言って、クリスマスプレゼントを貰いました。

後ろ髪を引きちぎられそうになりながら、トロントへ飛び立ちました~✈

 

12/23から4泊5日のトロント→モントリオール旅行

結論から言うと、めっちゃ寒かったです❄️

クリスマスは本当にほとんどの場所が閉まっていました。

それでも楽しかったーーー!!!

大まかな旅程は

23日:トロントで合流

24日:ナイアガラの滝ツアー

25日:モントリオールに移動、街観光・・・

26日:ボクシングセール

27日:モントリオール空港から日本へ👋

実は、このあと一人でモントリオールからケベックへ移動し、3泊4日のケベック旅行もしています。

詳しい旅の内容や写真は別記事にて紹介しますね。

 

優しい女神のようなホストマザー

ケベックの一人旅も終え、ハリファックスには12月31日に戻って来ました。

クリスマスパーティーの様子を聞くと、たくさん人が集まり食べて笑って歌ってとても楽しかったようです 。

そしてマザーが言いました。

『ナイーブMEのために、1月1日にはターキー焼いてNew year パーティーしよう!友達呼んでいいからね。』

 

めっちゃ優しーー

 

カナダでは新年よりもクリスマスが盛大なので New year パーティーはしないのですが、私がカナダの本物のクリスマスを逃したからってわざわざターキーとケーキ焼いてくれるマザー。

このマザーは本当にステキな女性です。

 

そして有難いことに、1月1日に小さなパーティーを開いてくれました。


f:id:kengyonouka:20181127124113j:image
f:id:kengyonouka:20181127124129j:image
f:id:kengyonouka:20181127124140j:image
f:id:kengyonouka:20181127124149j:image

旅行先のクリスマス事情を調べましょう

私たちのように、海外のクリスマスに興味のある方は行き先の下調べをよくしましょう。

きっとリゾート地などでは何かしらのイベントがあるかもしれません。

カナダの本当のクリスマスは家族と過ごす時です。

これを現地の家族に混じって体験したいならば、12月はホームステイすることをおすすめします。

私の語学学校の友人はホームステイを去り12月にはシェアハウスに住んでいましたが、以前のホストファミリーからクリスマスパーティーにお呼ばれしていました。

クリスマスはみんなで集まってホクホクする感じです。

なんせ12月のカナダは極寒です。

極寒の地で、一人のクリスマスは避けたいものです。

 

 

ランキングに参加しています。ポチッとお願いしますにほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村