ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。

多過ぎるカンガルーへの解決策とは

こんにちは。

西オーストラリア州で兼業農家をしておりますナイーブME です👩‍🌾

 

みなさん、オーストラリアの動物と言えば何を思い浮かべますか?

 

コアラ、カンガルー、エミューなどでしょうか。

 

うちのファームには、コアラはいませんが大量のカンガルーがいます。

もちろん野生のです。

 

f:id:kengyonouka:20181013172644j:plain

初めてオーストラリアに来たときは、カンガルーを見て感動したものです。

なんなら、カンガルー見るために動物園に行ったり、野生カンガルーが見れるツアーに参加していました。

写真も撮りまくっていました。

 

が、今ではカンガルーを見ると

 

うざっ!!

 

っと思ってしまうほどに。

 

なぜなら、彼らはファーマーにとっては厄介者。

 

農作物を食べる。

農作物を踏み倒す。

フェンスを壊す。

 

うちのファームではヤギとアルパカなどを飼っています。

www.naiveme.net

 

うちでは特に餌をあたえていません。

なぜなら巨大な敷地にに30匹程度のヤギと5匹のアルパカなので、草食べ放題だからです。

 

だからと言って、完全野放しにはできません。

フェンスを立てて、行動範囲を決めておかないと帰ってきませんので。

 

うちのファームでは800haのうち、40haをヤギとアルパカに開放しています。

その40haはフェンスで囲まれています。

 

カンガルーのジャンプ力はすごいので、基本的にはフェンスを飛び越えてくれるのですが、たまにひっかかるのがいます。

そして、パニくったあげくに破壊してくれます。

 

壊されたフェンスの隙間からヤギが逃げ出して、育てている野菜を食べられたり、へし折られたりと何度も経験してきました。

 

また、今年の冬は異常に雨が少なく乾燥気候だったので、草があまり育っていません。

そこで大量のカンガルーたちが、ヤギやアルパカの草を食べるはずの草を食べてしまうのです!!

 

そんなこんなで、カンガルーは厄介者。

 

この厄介者を退治すべく、

ルーシューター

に来てもらいました。

 

ルー:カンガルーの略語

シューター:射撃する人

 

すなわち、カンガルーを撃つ人達です。

 

先月、男性2名のルーシューターが1泊2日でやって来ました。

お昼に到着して夕方4時から夜7時、夜8時から深夜2時まで撃っていました。

 

合計80匹撃ったとのこと。

 

これまで、朝起きたら何十匹も家の前にいたルーがゼロ。

 

ちょっと寂しくも感じましたが、数日後には1匹、2匹と戻ってきて、3週間経った今では元の半数には戻ったのではないかと。

 

気になる撃ったカンガルーはどうなるかというと、放置です。

家の周りのやつは臭うので、拾って湖に沈めたりしますが、茂みの中のは放置していれば、あとは鷲やキツネなどの野生動物が食べてしまいます。

私たちが食べることも可能ですが、食肉にする場合は撃った直後に血抜き作業をしないといけません。

食肉やペットフードとして売ることも可能ですが、特別な手続きが必要です。

 

ちなみに、このルーシューターはプロではないのでワークエクスチェンジです。

食事と宿を提供する代わりに、ルーを撃ってもらう。

しかも、シューター達は狩のできる場所を常に探しているので、巨大ファームで好きなだけ撃てるって最高の喜びみたいです。

 

世の中うまくできているなーと納得。

 

よく、日本の家族にカンガルーってどのくらいの頻度で見るかと聞かれますが、ファームでは、日本で言うところの野良猫より頻繁に見ますよ!!


f:id:kengyonouka:20181018102649j:image