ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に国際結婚、現在は西オーストラリア州で兼業農家。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介!

2020年の兼業農家ライフ5大ニュースランキング!


スポンサードリンク

こんにちは☀

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

今日で2020年も終わり!

毎年大晦日には言っていますが、今年もあっという間でした。

2020年といえばコロナに追われた年というのが大多数の意見かもしれませんが、超田舎暮らしでもともと人に会うことの少ない生活をしている私たちにとっては、正直あまり影響がありません。

むしろ、ファーム生活にどっぷり浸かれた年でした。

そんな今年の出来事を5大ニュースとしてランキングにしてみました!

f:id:kengyonouka:20201231083640j:image

さっそく見ていきましょー!!!

 

2020年の5大ニュースランキング

第5位  イチゴの苗がバカ売れ♪


f:id:kengyonouka:20201230193423j:image

4年前に3株から始めたイチゴ栽培。

毎年株分けをし続けていたら、今年は300株以上できたのでFacebookで売ってみたところ大人気!

なんと200株ほど売れましたー!!!

100株は自分用にキープしており、毎日収穫しては朝食に食べています◎

f:id:kengyonouka:20201230194050j:image

この夏はイチゴを買ったことがありません!

第4位  ガチョウの雛が孵った♡

先日も記事を書きましたが、ガチョウの雛が可愛くて可愛くて♡

f:id:kengyonouka:20201230194433j:image

9月には母ガチョウが孵し、11月には私が孵化器で孵しました。

9月の孵化↓↓↓

11月の孵化↓↓↓

第3位  養蜂を始めたら友達ができた◎

これはまだブログには書いていませんが、今年3月から我が家で養蜂を始めました。

f:id:kengyonouka:20201230194941j:image

とは言っても場所の提供だけで、自分たちは何もせず無料で大量のハチミツがもらえます。

西オーストラリア州の非加熱の生ハチミツを、季節ごとに違った味がもらえるのです。今年だけでも20kg以上はもらいました。

そしてその養蜂家家族と仲良くなり、今では良い友だちです◎

この暮らしをしていると人と会うことが少ないので、新しい友だちは貴重です。しかも巣箱の確認のために頻繁にファームに来てくれます。

第2位  子ヤギ沢山、ヤギが増えた!

4月には16匹、9月・10月には36匹の子ヤギが産まれました。

子ヤギが多いとかくれんぼがあるので大変ですが、動物の相手はとても楽しいです。

また、今年はヤギを結構買い取ったので現在150匹ほどいます。

f:id:kengyonouka:20201230202717j:image

これまではBoreという肉用の品種(↑茶色と白のヤギ)だけでしたが、今回はSaanenという乳用の品種(↑真っ白のヤギ)も飼ってゴートチーズを作りました。

第1位 干ばつの終わり!湖に再び水が!!

2018年から続く干ばつに終止符を打ってくれた大雨は本当に嬉しかったです。

旦那氏の信じた行動が報われました◎

これを語るとどうしても長くなるので、あえてこの程度にしておきます。

気になる方は過去記事を読んでください。

この雨によって我がファームの象徴の湖も復活!

f:id:kengyonouka:20201230212936j:image

やっぱり、これが家の前にあるとないのは全然違います!!

現在の湖はまた水が減っていますが、まだまだカヌーを楽しめるほど大丈夫です◎

f:id:kengyonouka:20201231080459j:image

 

以上が、私の2020年の5大ニュースでした!

兼業農家を謳っておきながら建築業のことはニュースに入りませんでしたが、それなりに仕事はしています。

でもやっぱりファームライフが生活の大半を占めていて楽しいんです!

来年はどんな年になるかな?

今からワクワクします♪♪

 

今年もたくさんの方にブログを読んでもらえてとても嬉しかったです。

みなさんのおかげでモチベーションを保つことが出来ました。本当にありがとうございます◎

来年もマイペースでがんばります!

みなさま、良いお年をお送りくださいませ~