ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に国際結婚、現在は西オーストラリア州で兼業農家。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介!

毛深い人が羨ましい!!毛深いメリット『毛深い=身を守る』 in オーストラリア


スポンサードリンク

こんにちは☀

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

ちょっとふざけた記事タイトルですが、これ本当なんです!

最近、毛深いって羨ましいなぁ~なんて思ってしまうことが多々あるので、その例を挙げてみます。

フサフサの旦那氏

なにを隠そう、旦那氏が毛深いんです!!

いやいや、隠せないくらいフサフサなのです。

友だちの子どもが旦那氏の長ーい足を使って遊んだ時の様子↓

f:id:kengyonouka:20200914160957j:image

タイヤが毛に絡まるアクシデントも発生💦

f:id:kengyonouka:20200914161755j:image

腕も手の甲までフサフサ。

赤ちゃんを抱っこしたら掴まれてますからね!

f:id:kengyonouka:20200914161858j:image

うちの甥姪も旦那氏に会うと『気持ちぃ~♡』と言いながら腕毛を触っています。

胸毛も眉毛も鼻毛も耳毛もしっかりあって、とにかく全体的に毛深いのです。

頭髪を除いて。

このアンバランスさはなんなのかと思いますが、それはひとまず置いといて。

実はこの毛深さはオーストラリアの自然の中で生きていくにはとても大切なのです!!

毛深い旦那氏が羨ましいと思うとき

私はどちらかと言えば毛深い方なのですが、6年ほど前にレーザー脱毛を腕とスネに2回したことがあります。

継続しないとまた生えてくると言われたのですが、それ以降やっていませんがほとんど生えてきていません。

歳のせい??

思春期には毛深いことが恥ずかしくてカミソリで剃っては、すぐに黒くて太いチクチクが生えてきていたのが嘘のようです。

髪の毛は今でもビックリされるほど固く・太く・多く・真っ黒のいわゆる剛毛です。

そんな私が旦那氏の毛深さを羨ましく思うのは以下のシチュエーションです。

  1. 虫刺され
  2. 怪我
  3. 寒さ
  4. 日焼け
  5. ホコリ

では、それぞれ詳しく解説します。

① 虫刺され

これがダントツで一番羨ましく思うこと!

毛深いと虫に刺されにくいんです。

どういうことかと言うと、こちらをご覧ください↓↓↓

f:id:kengyonouka:20200914203934j:image

ちょっと際どいショットですが、どれだけ毛が厚いか見えますか?!

f:id:kengyonouka:20200915071517j:image

肌から5mmは毛に覆われています。

これで、蚊に刺されないんです!

蚊が止まっても、あくまで毛の上なのでそこから針を伸ばしても肌に届かないんです!!

f:id:kengyonouka:20200914221514j:image

いつも長ズボンをはいている私ばかり刺されて、なんで短パンの旦那氏は刺されないのかと不思議に思っていましたが、蚊の空刺し現場を見てしまいました。

この日以来、毛深いのが羨ましい。。。

②怪我しにくい

とにかく肌の上にフサフサの毛があるので怪我しにくい!(ギャグではありません!)

ファーム内でフェンスや枝が腕や足に当たると引っかき傷になりますが、旦那氏には問題無し。

私は建築仕事中は年中長袖長ズボンですが、旦那氏は夏場は半袖半パンです。

f:id:kengyonouka:20200914221319j:image

ただし、旦那氏は絶対に帽子を被ります。だって、頭は素肌丸出しなので何かで保護しないと超危険ですから!

たまに何かで頭を打ったら血が出てますからね。。。

その点私は頭髪は剛毛なので、同じもので頭を打っても血は出ません。

毛ってすごい!!!

③保温効果

基本的な体感温度の違いもあるかもしれませんが、旦那氏の毛には保温効果があるかと思われます。

旦那氏の初来日は11月でしたがずっと半袖半パンかつビーサンで過ごしていたので、私の家族が心配していました💦

でも、帽子は家の中でも必須!

被らないと落ち着かないというのもあるようですが、夜は保温のためにニット帽を被って寝ています。ないと頭が寒くれねむれないそうです。

やっぱ毛ってすごい!!

④日焼け止め

肌が露出していないため、日光の当たりも肌に優しいようです。

私なんてオーストラリアの日差しは痛く感じますが、旦那氏は気持ちいらしいです。

f:id:kengyonouka:20200914221148j:image

でもやっぱり頭は別問題。

今年2月に風邪をひいたときは、日光が免疫力を高めてくれると言ってパンツ一丁と帽子でベランダに座っていてちょっと面白かったです。

⑤ホコリ集め

乾燥した西オーストラリア州では砂埃がすごく、ファーム生活だけでなく建築仕事でも砂や木屑などのホコリがすごいです。

これらを体内に入れないように機能されているのが、顔面の毛!!

仕事の後に鼻をかむとものすごいものが出てきますが、旦那氏はハンパない!

これは毛がキャッチしてくれている証拠。

旦那氏より私の方が絶対多く体内にホコリを取り入れてしまっているような気がします。

f:id:kengyonouka:20200914221019j:image

これら5つシチュエーションはオーストラリアの大自然で生活していると必ず直面します。

旦那氏はそれに適応した体のつくりで羨ましい!

まとめ

やはり毛って大事ですね。身を守ってくれています。

若い頃には分からなかった毛の有難みが今になって分かります。

でもやっぱり女子としては見た目が気になるのも現実。

なので、肌の色に合わせて目立たない毛が欲しいです。

ちなみに、旦那氏は腕と足の毛は放置ですが顔面の目は定期的にお手入れをしています。

ちょっと仕事以外で出かけるとなると、お手入れの時間が私よりかかっちゃうという!

この点、毛深いと大変なようです。

また毛深いことによるデメリットとしては、濡れるとびしょびしょになることです。

シャワー後の旦那氏はびしょびしょなのでバスタオルもすごく濡れます。このタオルをしっかり乾かさないとすぐ臭くなるので要注意⚠

こんなデメリットもありますが、やっぱりメリットの方が断然多い毛!!

『毛深い=身を守る』は間違っていません。

ちなみに、私は毛深い人フェチとかではありません。大好きになった旦那氏がたまたま毛深かっただけです♡