ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に国際結婚、現在は西オーストラリア州で兼業農家。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介!

プリンセス・チカドゥーを本物のレディーに!殻なし卵のプリンセス🐔


スポンサードリンク

こんにちは☀

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

我が家の看板娘チカドゥーをご存知でしょうか?!

f:id:kengyonouka:20191221162854j:image

【チカドゥーの略歴】

2019年5/24生まれのサセックス(品種)のニワトリ🐔ブリーダーから購入した30個の卵から唯一孵った奇跡の子。一人っ子がゆえに旦那氏に超甘やかされて育ち、生後3週間は暖炉の元、その後は大きなニワトリのいない鳥小屋でウズラほのぼのと暮らしてきた。生後約3ヶ月で他のニワトリと合流させようも上手くいかず、チカドゥーをいじめる雄鶏が4羽冷凍庫行きになる。自分のことをウズラと思っているようだが、日に日に大きくなる体。私たちが特別扱いしすぎたがためにプリンセスになってしまった。

チカドゥーの名前の由来や溺愛の様子、雄鶏とのやり取りなど詳しく知りたい方は過去記事をご覧ください。これを読むと、きっとチカドゥーの虜になるはずです!!

上に貼った過去記事は9月の初旬に投稿したものですが、この記事の中ではチカドゥーの性別は実は分かっていないというところで終わっています。

お姫様扱いをしてきたのでプリンセス・チカドゥーと呼んでいましたが、性別不明でした。

しかし、ついにチカドゥーの性別が判明しました!!

チカドゥーは♀、プリンセスです👸

 

チカドゥーの初産卵

いつまでもウズラと遊んでいられると思いきやウズラの発情期が始まり、チカドゥーは相手にされなくなりました。

青い卵を産むアローカナが孵化して数ヶ月経っていたので、ウズラ小屋でチカドゥーと合流させるもお互いに興味なし。

今後チカドゥーがどうなるかと様子を見ていると、なんと10/30に卵を産んだのです!!!

f:id:kengyonouka:20200113212705j:image

しかしこの卵、何かおかしいの分かります??

殻が無いんです!

ゆで卵を剥くとき、殻の中に薄い皮があるの分かります?この卵は、その薄皮だけなのです。

そのため、卵が割れてしまっています。

なんせ初卵だし、当時まだチカドゥーは5ヶ月だったので若いからこうなったのだろうと特に気にせず、初産卵すなわち女の子になった日のチカドゥーを褒め称えました♪

 

殻なし卵にはカルシウムが必要!

その後も殻なし卵を産み続けるチカドゥー🐔

しかも産む場所と時間帯が一定ではないため、探し回って見つけられるのは壊れた卵。誰かが食べているようで、いつも破れた皮と少しの白身が地面にありました。

f:id:kengyonouka:20200113214600j:image

チカドゥーの食生活を見直してみました。

チカドゥーのいる鳥小屋は10m四方、高さ2mでトマトとパプリカ畑があり、中にはフィンチ(錦華鳥)50羽、ウズラ6羽、生後1か月のニワトリ(アローカナ )5羽、そしてチカドゥー。

うすうす気付いてはいたのですが、チカドゥーはアローカナの餌を食べており、自分の餌を食べていませんでした。

我が家ではニワトリは生後2ヶ月までは少し細かく砕いたプロテインが多めに含まれている餌で、それ以降はプロテインが少し減ってカルシウムなど他の栄養が含まれている大きめの餌を与えています。

しかしチカドゥーは5ヶ月経った頃も、アローカナの餌を食べていたのです。

これをそんなに問題視していなかったのですが、殻なし卵を産むのにはさすがに問題だと思い始めました。

チカドゥーとアローカナを分けれたらいいのですが場所の問題上難しく、アローカナの餌をチカドゥーが食べられないように餌箱の上にカゴを載せてみました。

f:id:kengyonouka:20200114134522j:image

それでもチカドゥーは大きな体を穴にねじ込んだり、カゴを退かせようと必死でした。

 

手からしか食べないプリンセス

こうなったら、なんとしてでもチカドゥーに大人の餌を食べてもらわなければと甘い声を出してチカドゥーを誘い食べるように促しました。

お皿に載せて音を立ててみてもダメだったので、私の手に載せてチカドゥーを呼んでみたら走ってやってきました♡

f:id:kengyonouka:20200114152430j:image

食べる食べるチカドゥー🐔

しかし、すぐに問題発生。

私の手からしか食べなくなってしまいました💦手であげたものを、ゆっくりとお皿に移すもそれは食べません。

どんだけお姫様やねん!と言いつつも、食べてくれるのが可愛くてやめられません😅

 

卵を食べている犯人は?

そもそも、卵を食べている犯人が誰かわかりませんでした。初めての卵を見た10/30以降、食べられたあとの卵しか見た事がありませんでした。

犯人はチカドゥー本人?!いやいや、もしやウズラ?いや、アローカナ??フィンチ???

みなさん疑ってすみません。

犯人はチカドゥーです🐔

胸にしっかりと黄身が付いていました。

 

チカドゥー隔離作戦!

とにかくアローカナの餌を食べてしまうのを辞めさせるために、チカドゥーだけを狭いスペースに隔離しました。

f:id:kengyonouka:20200114154239j:image

そのスペースにチカドゥーと餌を入れてしまい、お腹が空けばその餌を食べるしかない状況に追い込みました。大人の餌を食べ続ければカルシウムは補えるし、きっと殻付きの卵を産むだろうと睨みました。

可愛そうですが、彼女の将来のため。少しの辛抱です。

 

ニセ卵を投入🥚

狭いスペースでも相変わらず殻なし卵を産んでは自分で食べちゃうチカドゥー。

近所の人にそんな話をしていると、プラスチックのニセ卵を与えると割れないことを学び、割らなくなるというではないですか!

街に行った時に、ニセ卵を購入。

なんと一つ9ドル(630円)という超高価なものでした😱ただのプラスチックですよ。こんなの日本ならガチャガチャのゴミなのに・・・

しかもしかも、何故だかある日ニセ卵が無くなっていました。。。何故?!

ヘビが丸呑みしたのでしょうか🐍

未だに謎です。

 

雄鶏の死を機にアローカナの移動

12月初旬に、我が家の唯一の雄鶏がヘビに殺られてしまいました。

これで小さなニワトリやチカドゥーをいじめるトリがいなくなったので、これを機に一斉にニワトリ小屋へ移動させようか案を提案しましたが、旦那氏がチカドゥーの移動を拒否。

というのも、チカドゥーが他のニワトリの卵を食べちゃう可能性が高く、若いニワトリがそれをマネしだすこともあるみたいで。

ということで、チカドゥーだけ残留。そして、餌を無理矢理にでも食べてもらうために、相変わらず隔離し続けました。

 

カルシウムを大量摂取したら・・・殻付き卵が!

それでも殻なし卵を産んでは自分で食べちゃうチカドゥー。

しかし、少しずつ皮が分厚くなってきたような気がしました。

そこで一気にカルシウムを摂取させるべく、近所のビーチから採ってきた小さな貝殻を与えてみました。

それから2日後の12/19・・・

f:id:kengyonouka:20200114161420j:image

キタ━(゚∀゚)━!

念願の殻付き卵です🐔🥚

貝殻の効果スゴ過ぎてびっくり!!!

チカドゥーは約10日間ぶりに釈放されたのでした。(途中途中脱走を繰り返していましたが。)

 

現在のチカドゥー🐔

12/19に初の殻付き卵を産んで自由の身になれた彼女の現在はというと・・・

元の殻なし卵のプリンセス👸

いや、むしろ最近は殻なし卵さえも産んでいる形跡がありません。

もう諦めました。

釈放後にもう一度隔離してみましたが、ものすごく嫌がるので(当たり前か💦)クリスマスに完全解放しました。

それと同時に、更なる新しい生後2ヶ月のアローカナ3羽をチカドゥーと合流させました。

餌は大人用のみを置いていますが、相変わらず私の手からしか食べません。貝殻はたまーーにつついています。最近はトマトが好きらしく、畑のトマトを荒らしてくれています。

もう何のためのニワトリかよく分からなくなりましたが、癒しであることは間違いないです。

名前を呼べば走って寄ってきます🐔

近くに来れば撫でることもできます🐔

餌やり時に手を啄かれるのも快感です🐔

彼女はやはりプリンセスなのです👸

ここまで読んだらチカドゥーの名前の由来やはちゃめちゃな生い立ちが気になりませんか?

そんな方は、こちらをご覧ください。個人的に好きな記事です。

母がこの記事を読んでから実物のチカドゥーに会いましたが、とてもかわいいと言っておりました🐔♡

チカドゥーを本物のレディーに仕立てあげたかったけど、彼女が望まないならば仕方がありません。

それでも、

We‪‪❤︎‬チカドゥー!