ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に国際結婚、現在は西オーストラリア州で兼業農家。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介!

2019年を振り返る


スポンサードリンク

こんにちは☀

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

今年も今日で終わりですね!

大晦日とは信じられないほど、今年はあっという間に過ぎていきました。

2019年は最愛の旦那氏にとっては人生で最も大変だった年であり、そうなれば彼を支えるべく私にとってもオーストラリアに来て一番大変な年でもありました。

 

2019年を振り返る

2019年のスタートは火事からです。

f:id:kengyonouka:20191231081434j:image

2018年12月20日から始まったブッシュファイヤーのため、当時日本に一時帰国していた私達は予定を早めてオーストラリアへ緊急帰国。

1月から3月は、ファームの消火活動や修復作業に追われた日々でした。

f:id:kengyonouka:20191231102643j:image

火事の2週間前から3月頭まで雨が降っておらず、乾燥のピークでした。3ヶ月ぶりに雨が降った時は感動して詩を書きました。

この復旧作業に追われる中、旦那氏の最愛のお母さんが不調になり、パースへの訪問も増えました。そしてお母さんが3月に他界、それを追うようにお父さんが5月に他界。3月から5月は

精神的に大変な日々でした。

6月からは遺産の手続き等で手擦り、旦那氏のストレスがピークに。これは遺産で揉めたとかではなく、手続きのややこしさです。私には詳しく分かりませんでしたが、オーストラリアでは遺書だけでは遺産相続が進められず、プロベイトと呼ばれる遺書の認定みたいなのを受ける作業が必要みたいです。しかも、相続人が揃ってすべきことが多く、相続人であるパースから500km離れた旦那氏とパースに住む会社員の弟が、オフィスの開いている時間に合わせてその手続きを進めるのが大変でした。

そのやりとりで忙しい最中『息子を訪ねて三千里』で、メルボルンからケアンズを縦断しました。

遺産相続は8月には終結しましたが、その間には100万円ほどの顧客からの未払いがあり、顧客がシンガポールへ行ったまま帰って来ず連絡が取れないという期間と重なり、これまたストレスの原因でした。でもこれは9月には解決。

そして8月中に子ヤギが約30匹産まれ、その世話が大変のなんの🐐🐐🐐そのうえカモとアヒル隊まで増え、チカドゥーへの対応といい、動物でてんやわんやな8月。

そうこうしているうちに、来月には母達がオーストラリアに来ることに気づいた9月はバスルーム完成に勤しみました。

10月の母の訪問、12月は友達家族の訪問があったので、その間の11月はファーム内の仕事をめいっぱいやりました。というのも1月末から日本へ行く予定なので、時間のあるうちにフェンスを立て直したり、配水パイプを整えたりとすることが多いのです。まだ終わっていませんが💦

そして、11月末に学校のペンキ塗りという大きな仕事依頼を受け、学校が夏休み中の今はペンキ塗りの仕事に勤しんでいます。とは言え、まだペンキを剥がす段階ですが。これを1/22までに終わらせなければならないという・・・

それプラス、まだ終わっていないフェンスの立て直しなどなどがあるのですが、本当に日本に行くまでに全て出来るのか不安です。

 

大晦日の今日も朝から仕事していますよー

ペンキ剥がしまくりです。

f:id:kengyonouka:20191231134424j:image

 

ということで2019年を振り返りましたが、とにかく忙しかったというか、旦那氏にとっては精神的なダメージが多い年でした。厄年ってやつですかね?オーストラリア人にも影響あるのかしら??

こんな概要ではなく、もっと詳しく掘り下げて書きたいこともあるのですが、仕事が忙しくて書く時間がありません💦

何としても今年最後のブログを更新したいと思い、これは朝の移動時間と昼休憩の今に書き上げました。

もうすぐ仕事に戻らなければならないので、今年のブログはこれで最後になりそうです。

なんだかブログを更新する度に方向性が定まらない超雑記ブログ化していますが、それでも読んでくれている人々がいることを嬉しく思います。

今年もたくさんの人とブログで繋がれて楽しかったです!

来年もよろしくお願い致します。

では、皆さま良いお年を~🙂