ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介します。

とびきりの若返り術!『Take action!』 と『自分ファースト』で生きてみる。


スポンサードリンク

こんにちは☀

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

今月、日本から母がこちらに遊びに来ていました。

www.naiveme.net

 

この旅で、母は30歳、いや40歳は若返って帰っていったように思います。

上の旅行記では、母のジャンプにいくつかコメントを頂きましたが、娘である私でもびっくりした華麗なジャンプでした!!

f:id:kengyonouka:20191021090546j:plain

f:id:kengyonouka:20191021121622j:plain

60代半ばとは思えない。。。

この写真を見た、母の母(私の祖母)は私の姉と見間違えたそうです😅

オーストラリアで肌で感じたことが、母を若返らせたようです。

 

この旅で母が学んだこと


f:id:kengyonouka:20191024202426j:image

この海を見て、世界にはこんなに綺麗な海があることを知ったと、母は連れてきてくれた旦那氏に感謝していました。

 

そして、この海を見ながら母が言いました。

何でもやってみなあかんな。口にしてるだけでは叶わない。こうやってオーストラリアに来るという行動を起こしたから、こんな景色が見らるんや!

 

それを訳して旦那氏に伝えると、

Take action!!

と旦那氏。

まさに、行動に移そう!という意味です。

 

私がオーストラリアに移住した4年前から、母は退職したらオーストラリアに来るとずっと言っていましたが、本当に来る気があるのか疑問でした。しかし、ANAのパース直行便のオープニングセールのタイミングで勢いに乗って今回退職前に来ることができました。

この旅12日間では、オーストラリアの自然を体感するだけでなく、オーストラリアの人の大らかさや考え方にも触れることができて、ただ楽しむだけの旅以上の経験ができたようです。

オーストラリアでは年齢など誰も気にしません。本人が自分の年齢をどうこういうのは置いておいて、他人がその人の年齢でどうこう否定したり制限をかけるような発言は差別に当たります。

本人が好きだから、興味があるから、挑戦したいからやるのです。とてもシンプルで私はこの考えが大好きです。

これまでの母は、年だからといろいろ諦めていた部分もあるようですが、オーストラリアでは意欲満々に何でも挑戦していました。オーストラリアの雰囲気がそうさせたそうです。

f:id:kengyonouka:20191024202526j:image

 

あなたのできない事は?

うちの旦那氏はとても器用で、けっこう何でも自分で作ってしまいます。お菓子から家までけっこう何でも来いなタイプです。私から見て、唯一自分で作らないものは洋服かと答えてしまうくらい器用です。

そんな旦那氏に母が聞きました。

あなたができない事ってないの?

 

それに対する旦那氏の答えは、

I can’t fly.(飛べない。)

その後ちょっと考えて、

I'm not good at snowborad!(スノボは苦手!)

との答えが。

 

その答えに母はあっけに取られていましたが、旦那氏が言いたかったことは

出来るか出来ないかはやってみないと分からない。あなたが出来ないと思っているのはやったことがないから。挑戦してみたら分かるよ!Take action!!

旦那氏は子どもの頃からずっとスキーに憧れており、3年前に初めて挑戦してスキーが出来ることを体感しました。ちなみに、雪に触れたのはこのときが人生で初めてです!そして昨年念願のスノボデビューを果たしましたが、これは上手くいかず断念。今年出来れば再挑戦したいようですが、、、

 

この答えに、私は旦那氏を惚れ直しました。

旦那氏はとてもポジティブな人間ですが、この考え方が彼の原動力なのです。

 

 

オーストラリア人からのニックネーム

旦那氏いわく、オーストラリア人がある個人を気にいるとその人にニックネームを授けるそうな。

今回旦那氏は、何を見てもやっても目をキラキラ輝かせている母にニックネームを授けました。

その名は・・・

ポッサム!


f:id:kengyonouka:20191025094217j:image

 

母の目が、こんなに大きく見開くとは知らなかったとのこと。

帰り際にはポッサムの絵の描いたマグカップをプレゼントし、日本に戻って仕事前の朝食を採るときに憂鬱な気持ちになったら、このポッサムを見て目をキラキラ輝かせることを思い出して!とのメッセージを伝えました。

 

自分ファーストの時を

お別れの空港では、母と旅の思い出を振り返りました。

母はこの旅ものすごく楽しかったそうです。

ものすごく楽しかった理由として、

今までこんなに自分ファーストになったことはなかったけど、ものすごく気持ちよかった!

とのこと。

これまでは、家族や周りの人のことを優先して生きてきた母ですが、この旅では自分の気持ちに素直に自分ファーストで過ごすことができたようです。

日本はどうしても他人優先で我慢が美徳とされがちな文化ですが、今の時代はそれだとパンクしてしまうように思います。

自己中心的ではなく、自分の気持ちに素直に従う自分ファースト。いつも心がけるのは難しいかもしれませんが、すべき場面ではすべきです。そうすることで、お互い気持ち良くなれます。

事実、この旅の期間は、私がオーストラリアに移住してから母と過ごした時間で一番素直に気持ち良かった時間のように思います🙂

 

そんなこんなで、自ら行動を起こし、感情に素直に従ったオーストラリア旅で母は若返りました。

我慢は老けの原因かもしれません!

みなさんも感情に素直になり、行動を起こせば母のように若返るかもしれませんよ😆

 

【おまけ】旦那氏と母のツーショットジャンプ!!

旦那氏の帽子が吹っ飛びましたwww

f:id:kengyonouka:20191024213018j:image

 

※追記

母にこの記事の下書きを見てもらったところ、こんな感想が返ってきたので載せておきます。

f:id:kengyonouka:20191025000639j:image