ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介します。

【パース直行便】走行距離1800kmの11泊12日の旅 ~前編~


スポンサードリンク

こんにちは☀お久しぶりです!

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

日本から母たちがこちらへ遊びに来ていましたが、先日無事に帰国しました。母の滞在中はブログを書いていなかったので、実に2週間ぶりの更新です!

今日から少しずつ、滞在中に行った観光などの様子を紹介していきます。

現地在住の私たちが車でたくさん移動したルートなので、一般旅行者に役立つ情報か分かりませんが、パースの外にもこんな面白い観光地があるのかと知ってもらえたらいいなと思います!

今回はざっくりとした観光ルート概要の前編で、それぞれの詳細は別記事で紹介しますね🙂

 

パース直行便からの観光ルート

ざっくりしたルートはこちら↓↓↓

f:id:kengyonouka:20191020194347j:image

11泊12日で、パースより南をぐるっと時計回りしました。

走行距離は1800km!

 

 

 

【1日目】到着日

成田からパース直行便の到着時間は、定刻より30分ほど早く19:50。

英語が出来ない母にとって、今回が初めての個人海外旅行。そのうえ、日本からの物資が品薄になっていたので、米や醤油、ラーメンなどの食品もけっこう持ってきてもらったので、税関で上手く受け答えできるかとドキドキしましたが、到着から約45分後には到着ゲートから出てきました!

パース市内に予約していたアパート(2ベッドルーム)に車で移動、21時にはアパート到着。そして、スーパーで買ったピザとビールで乾杯🍻

f:id:kengyonouka:20191020214421j:image

早速、オーストラリアスタイルのボトルで飲むビールとスタビーホルダーに感激する母!

長く住んでいると感激するポイントを忘れていたので、母の訪問にてオーストラリア初期の自分をあれこれ思い出す日々が始まりました~♪

 

【2日目】パース観光

この訪問の最大の目的はファームに来てもらうことでしたが、パースからファームまでは車で6時間かかるので、この日は長時間フライトから体力を回復してもらうために近場のパース観光!

 

キングスパーク(Kings Park)

まずは、パース観光の王道であろうキングスパーク。

f:id:kengyonouka:20191020220700j:image

9月にワイルドフラワーフェスティバルが開催されていましたが、10月9日でもまだまだお花が咲いていました🌷

オーストラリア特有のワイルドフラワーは、花も葉っぱも形がユニークで可愛くて大好き♡

f:id:kengyonouka:20191020221101j:image

 

スワンバレー(Swan Valley)

キングスパークを1時間半ほど散歩したあとは、パース市内から車で45分ほどのスワンバレーへ移動。

こちらでも王道であろう『マーガレットリバーチョコレートカンパニー』でワインの試飲🍷

f:id:kengyonouka:20191020222446j:image

併設しているカフェでランチも食べました。

 

パース中心地 (Perth CBD)

ランチの後は一旦アパートへ戻り少し休憩してから、無料で走るCATバスを利用してパース中心地へお買い物に出かけました♪

明日からは田舎の方へ移動するので、お土産を買うなら市内がベスト!お土産産業が盛んではないオーストラリアでは(特に西オーストラリア州)、日本人が思うようなお土産は市内でしか買えません⚠

アジア食も田舎ではそうそうないので、2日目にしてさっそくジャパレスへ。一風堂でラーメンを食べました。

 

【3日目】パースから東へ移動

パースから直接ファームへの6時間移動コースは特に見どころもないので、ちょっと遠回しながら観光。

 

ヨーク(York)

パースから東へ1時間ほど走るとヨークへ到着。この町は、西オーストラリア州内陸部で1番古い町らしい。

f:id:kengyonouka:20191021070626j:image

9月末から10月中旬まで『ヨークフェスティバル』が開催されているようでしたが、イベントは週末のみ開催。平日に着いた私たちは、日本人が手懸けた藁アート作品の展示だけ見ることができました。

f:id:kengyonouka:20191021071413j:image

ウェーブロック(Wave Rock)

ヨークから南東へ走ること約3時間で、本日の目玉のウェーブロックに到着!

f:id:kengyonouka:20191021071928j:image

このあと、ここから30分離れた町コンディニン(Kondinin)のモーテル(2ベッドルーム)に宿泊。この町のレストランはホテル併設のパブしかなく、初パブに母はドキドキしていました!

f:id:kengyonouka:20191021085406j:image

何を注文しても、ポテトの山盛りが付いてくるオーストラリアミールにもビックリしていたよう。

 

 

 

【4日目】南へ移動、ファームに到着!

ここからは、ひたすら南に走りファームを目指しました。

道中には、ただ広がるばかりの農場エリアにあっけにとられたり、

f:id:kengyonouka:20191021135834j:image

羊の大移動で道が封鎖されたり、

f:id:kengyonouka:20191021085745j:image

塩湖で塩を採取したり、

f:id:kengyonouka:20191021090038j:image

初めてづくしで、母は大はしゃぎ♪

f:id:kengyonouka:20191021090546j:image

お昼前にファームに着くと、なんと子ヤギが1匹産まれていました🐐もちろん母は子ヤギの初抱っこ♡

f:id:kengyonouka:20191021090923j:image

 

【5日目】アルバニー観光

ファーマーズマーケットに行きたいがために、ファームから150km 離れたアルバニー(Albany)へ。

 

ファーマーズマーケット(Farmers Market)

f:id:kengyonouka:20191021091921j:image

毎週土曜に開催される、地元産の物だけを扱ったマーケット。思ったよりも規模が小さかったものの、バンドの演奏もあり外国らしさを演出してくれました。

 

グレードサウザン博物館(Great Southern Museum)


f:id:kengyonouka:20191021092711j:image

アルバニーの街は実はパースよりも古い歴史を持ちます!

ということで、博物館を散策。特別展示ではブルームのパールダイバーが取り上げられており、英語の分からない母でも時折見る日本人の写真に関心しているようでした。

 

ザ・ギャップ(The Gap)& ナチュラルブリッジ(Natural Bridge)

アルバニー市内から車で20分ほどのトーンダラップ国立公園(Torndirrup National Park)内にある、並に削られてできたザ・ギャップとナチュラルブリッジを見ました。

f:id:kengyonouka:20191021094635j:image

ここで見る海は、南極に面した南極海(Southern Ocean)。パースで見れる海はインド洋なので、また違った趣きです。

 

バニング(Bunnings)

これは観光というより、私たちの日常の体験!DIY大国オーストラリア人の御用達といえば、最強ホームセンターのバニング!!

f:id:kengyonouka:20191021095731j:image

ネジ1つでも種類の多さにビックリしていました。

 

【6~9日目】ファーム生活満喫 & ブレーマーベイ観光

長距離移動が多かったので、ファームでゆっくりしてもらいました。

とは言え、桑の実を摘んだり、

f:id:kengyonouka:20191021110150j:image
草刈りしたり、

f:id:kengyonouka:20191021115800j:image

ヤビー(淡水のザリガニみたいなの)を捕まえて食べたり、

f:id:kengyonouka:20191021115918j:image

アヒルに餌をやったり、

f:id:kengyonouka:20191021115958j:image

畑仕事を手伝ってもらったり、野生のカンガルーやエミューを見たり、南半球の星空を眺めたりと初体験づくし♪

夜には満月が丘から登る瞬間を一緒に眺めました。

 

ブレーマーベイ(Bremer Bay)

天気のいい日には、我がファームエリアであるブレーマーベイの美しき海巡り!

ジョンズコーブ(John's Coves)

ペリカンがたくさん!

f:id:kengyonouka:20191021120323j:image

 

ブロッサムビーチ(Blossom Beach)

ここは私の一番のお気に入りビーチ。

f:id:kengyonouka:20191021120523j:image

この砂の白さと海の青さに、母も大はしゃぎ♪

f:id:kengyonouka:20191021121622j:image

60代半ばとは思えないジャンプ力!

 

リトルボートハーバー(Little Boat Harbour)
f:id:kengyonouka:20191021121016j:image

岩場に囲まれた小さなハーバー。夕日を見るのに最適な場所。

 

このあと10日目からは、セカンドハウスのあるペンバートン方面へ移動しました。

続きは、次回へ!