ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介します。

英語が苦手なせいで起きたちょっと面白いハプニング ~その2~


スポンサードリンク

こんにちは☀︎

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

www.naiveme.net

 

前回の記事に引き続き第2弾、すなわち~その2~をお届けします。

 

この人気持ち悪い・・・

これは私ではなく、私の母の身に起きたことです。

 

私がカナダワーホリを終えて日本に帰って来た2014年は、日本全国がLINEゲームの『ツムツムブーム』でした。

※『ツムツム』とは一種のパズルゲームです。詳しく知りたい方は

LINE:ディズニー ツムツム - Wikipediaをご覧ください。

 

私がカナダにいる間に、母はタブレットデビューをしており、母もツムツムの虜でした。(現在もかも?!)

ただでさえ流行に敏感ではない私には、必死こいてタブレットを指でなぞる母の姿には意味不明でしたが、母に薦められてやってみるとけっこう面白い!

ということで、私もツムツムしまくっていました。

 

このゲームの良いところは、1プレイ時間が60秒なのでスキマ時間に楽しめます。

また、1プレイにつき『ハート』1つを使うことになり、その『ハート』は5つから始まります。要は、5つのハートを使い切るとプレイ出来なくなるので、長時間ゲームしっぱなし状態ということがありません。再びゲームをしたければ、『ハート』を取得しないといけません。

説明がややこしいので、Wikipediaより抜粋です↓

ハート

1プレイにつき1つ消費する。「ハート」がなくなるとプレイできなくなる。「ハート」は15分毎に1つ自動で回復する。最大5つまで自動回復し、6つ以上は回復しない。所持可能制限数はない。ハートが0の状態で最大まで回復させるには75分かかるが、自動回復以外にも様々な方法で手に入れることができる。

  • ルビーで購入する:ハート5個=5ルビー
  • 友達から届いたハートを受け取る:ハート+1(1時間以内の受け取りで200コインのボーナス)
  • 友達におねだりし、承諾される:ハート+1
  • 友達からのおねだりに応える:ハート+1

 

このゲーム中毒になってくると、どうしてもたくさんの『ハート』が欲しくなってきます。

上の抜粋の下3つの点は、『友達同士でハートのあげあいができる』ということになります。

 

ツムツムの虜である母は、私にハートのおねだりをしてくるようになりました。まぁ、そのおねだりに応えたら、私にもハートが貰えるのでギブアンドテイクってやつですね。

 

このハートのやり取りが友達同士にも拡散していき、ハートがたくさん溜まった分だけゲームし放題。

母のツムツム熱は上がっていく一方。

ある日、母からこんな相談を受けました。

母:『最近、よう知らん人からハートが届くねん。しかもな、その人の名前ウ〇コみたいで気持ち悪いねん・・・。無視してていいんかなぁ?』

そして、その画像を私に見せました。


f:id:kengyonouka:20190504193243j:image

 

・・・(゜゜)

 

ウ〇コ??


f:id:kengyonouka:20190505083131j:image

※一応モザイクかけてみましたが💦

 

母としては、unknown をローマ字読みしたのでしょう。

初めの3文字

U・N・K NOWN 

ローマ字読みしようとすると、

ウ・ン・カ?キ?ク?ケ?コ?

 

やはり、ウンときたらですよねー

 

ME:『お、お母さん。これ、ウ〇コじゃなくて"unknown" って言って、"知らん人" って意味やねん。』

母:『ウ〇コじゃないん?!よかったー!でも、いくらハートくれても知らん人は知らん人やから無視なせあかんな。』

ME:『せ、せやな。』

 

ウ〇コ氏にしろ、unknown にしろ、とにかく『知らない人』という認識があってよかった!