ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介します。

英語が苦手なせいで起きたちょっと面白いハプニング ~その1~


スポンサードリンク

こんにちは☀︎

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

毎朝Facebookが過去の思い出を引っ張り出してくれては、懐かしんだり、プッと笑ってしまったりしています。

今回は、プッと笑ってしまったやつの紹介。

 

ネイティブぶった結末・・・

時は2013年、カナダワーホリ中。

学生ビザ時代から1年間住んだハリファックスを離れて、カナダワーホリメーカーの聖地バンフに来ました。

仕事も家も探さずバンフ入りをしたわりに、初日で泊まっていたホステルでのハウスキーパーの仕事をゲット!

仕事は翌日ではなく、2日後に始まるとのことだったので、その前にバンフ観光しておこうと思い切ってツアーを予約することに。

窓口が閉まっている時間だったので、予約は私の苦手な電話でしか受け付けていないようでしたが、思い切って電話しました。

ダーッと英語で言われた部分の意味はさっぱり分かりませんでしたが、とにかく自分の行きたいツアー名を言うと向こうに通じました!!

いつ?と聞かれ、『トゥモロゥー アフタヌーン』とか言っているうちに、ちょっと自信も付いてきました。

そして、最後は名前と連絡先を聞かれ、名前はスペルも聞かれました。(私の本名はミキです)

『ア~ン、エム、アイ、ケイ、アイ』

こんな感じで絶好調✌︎︎

電話終える頃には電話への恐怖心もなくなり、

『センキュー!バァーァイ👋』

と、ネイティブぶってましたねーーー

 

数時間後にEメールにツアーの詳細が届きました。


f:id:kengyonouka:20190501203434j:image

 

ん・・・???

何かおかしい。。。


f:id:kengyonouka:20190501203503j:image

 

私の名前が Aniki になってる!

ア・ニ・キ


f:id:kengyonouka:20190502090722j:image

 

 

かっこえー!!

 

って、当時はまだ20代ですよー(TT)

↑よく考えたら、30になっていました。。。

『姐さん』と呼ばれたことはあっても、『アニキ』はないなーーー

 

きっと私の調子乗った英語のせいだ。

『ア~ン、エム、アイ、ケイ、アイ』

ア~ → A 

ン、エム → N 

に聞こえたのでしょう。

 

ツアー中に『 アニキ!』なんて呼ばれたら恥ずかしいので、名前を訂正するだけのためにツアー前に窓口まで出向きました。

何と言って訂正していいか分からないけど、とにかく『アニキ』は嫌だ。

 

窓口で名前を聞かれ、

ME:『ア、アニキ・・・

窓口:名簿を見ながら『 アニキ!』と叫ぶ

ME:『 マイ リアル ネーム イズ ミキ。エム、アイ、ケイ、アイ。』

これで、何とか訂正できました。

かなり必死こいて訂正したものの、ツアー中に名前を呼ばれる場面は一度もありませんでしたが。

 

『アニキ』と呼ばれたのは、生涯この日の一度だけです。