ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。私の経験や驚きを様々なジャンルで紹介します。

パース⇔日本 乗り継ぎ便ランキング!


スポンサードリンク

こんにちは☀︎

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

前回は、ANAのパース⇔成田 直行便について書きました。

 

このパース直行便は、まだまだマイナーな西オーストラリア州には革命的なことだと思います。

まだ自分たちの予約はしていませんが、いつか乗ってみたいと憧れています🙂

 

これまで、パース⇔日本の往復は7回経験しており、もちろん乗り継ぎ便です。

5パターンの乗り継ぎを経験してきたので、それぞれの特徴をまとめてそれをランキングにしてみました!

 

※これは私の経験からのランキングなので、全ての便がそうだとは限りませんのであしからず!

 

第5位  シドニー経由

予約航空会社:カンタス航空

航路:パース⇔シドニー⇔大阪

飛行時間①:パース⇔シドニー  4時間半

飛行時間②:シドニー⇔大阪  10時間半

 

経験上最下位になったのは、大阪からシドニー空港到着後に国内線への移動が面倒くさいこと。

電車とバスに乗り換えてようやく国内線ターミナルへたどり着くことが出来ましたが、この移動になんだかんだと1時間ほど時間を取られました。

 

第4位  ブリスベン経由

予約航空会社:カンタス航空
航路:パース⇔ブリスベン⇔成田
飛行時間①:パース⇔ブリスベン 5時間半
飛行時間②:ブリスベン⇔成田  9時間

 

こちらも、ブリスベンに到着後の国内線への乗り換えがバス移動になり、荷物が多い時には大変です。

そして、4・5位ともにカンタス航空、オーストラリア国内乗り換えですが、カンタス航空がとうとかではなく、オーストラリアまで約10時間したのに、それから約5時間移動というのもなかなか辛いです。

 

第3位  クアラルンプール経由

予約航空会社:エアアジア

航路:パース⇔クアラルンプール⇔大阪

飛行時間①:パース⇔クアラルンプール 5時間半

飛行時間②:クアラルンプール⇔大阪  6時間半

 

フライト時間が短いのが魅力的!

ただし、この便を選ぶには条件があります⚠︎エアアジア利用になるため、預け荷物や機内食などはオプションになります。

そのため、片道250ドル以下の大セールのときにしか予約しません。それ以上の値段だと、コストパフォーマンスが良いとは言えないですね💦

 

第2位  ケアンズ経由

予約航空会社:ジェットコースター
航路:パース⇔ケアンズ⇔大阪
飛行時間①:パース⇔ケアンズ 4時間半
飛行時間②:ケアンズ⇔大阪  10時間

 

下の地図を見て分かるよう、これが最短距離かと思います!

f:id:kengyonouka:20190219211949j:image

ジェットスターなので、こちらも預け荷物や機内食はオプションになります。

ケアンズ経由のいい所は、旦那氏の息子夫婦がケアンズから車で1時間ほどのところに住んでいるので、ケアンズで数日過ごすことができます。

国際線と国内線ターミナルは結構離れており、専用の小道を歩かないといけませんが、いつも季節が日本とは逆、パースとも大違いなので、それなりに楽しめるので苦ではありません。

 

第1位  シンガポール経由

予約航空会社:カンタス航空
航路:パース⇔シンガポール⇔羽田
飛行時間①:パース⇔シンガポール 5時間
飛行時間②:シンガポール⇔大阪  7時間

 

輝く第1位はシンガポール経由。

飛行時間が短めなのと、シンガポール空港はアジアフードも多く快適に過ごせます。

そして私的にポイント大なのが、カンタス航空で予約していますが、シンガポール⇔羽田は JAL とのコードシェア便なことです!!

このJAL便は座席が 84cm とゆったりしており、機内食は美味しいし、映画には邦画があったり日本語字幕あったり、そして何よりも日本語のアナウンスが心地よい!

カンタス航空も悪くはないですが、やはり日本人の私にはJALのサービスは最高です。粗末に扱われている感が全くありません。

この便を使ってパース⇔日本 をするには、なぜだかJAL予約よりもカンタス航空予約の方が断然安くなります。半額ほど!!

 

以上、パース⇔日本の私的ランキングでした!

 

ANAのパース⇔成田直行便がいかに画期的なことか分かりますよね!