ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。

立退き命令を貰っちゃいました

こんにちは☀︎

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

今年で4度目のオーストラリアでのお正月。

でも、この4年間ずっとファームにいた訳ではなく、むしろ半分以上はPembertonという町に住んでいました。

私たち夫婦は建築業との兼業農家です。建築業の仕事は主に自治体からの下請けの仕事が多く、その登録先の住所がPemberton だったため、仕事のあるPemberton にいることが多かったです。

詳しくはコチラ↓↓↓

 

私のオーストラリア生活の半分以上住んだPemberton ですが、実は昨年10月中旬にPemberton の立退き命令を受けました!!!

 

私たちのPemberton の住処は、メインストリートにある古いガソリンスタンドです。

f:id:kengyonouka:20190105132206j:plain

私と結婚する数年前に、古い建物好きな旦那氏が購入し、リノベーションして売る計画ですが、仕事が忙しくてなかなかリノベーションが進まず今に至ります。

見た目はガソリンスタンドそのものですが、旦那氏が購入する10年以上前からガソリンスタンドとしては機能していなかったようです。現に、地下のガソリンタンクは砂で埋まっています。

また、売店だったスペースをリノベーションして、キッチン、トイレ、シャワー、リビングルーム、ロフトを作ってベッドルームもあるので、快適に過ごせます。

そして、なんせ築70年以上の建物なので、レンガ造りかっこいい!!

f:id:kengyonouka:20190105140839j:image

 

私は3年、旦那氏は6年住んだPemberton のガソリンスタンドですが、今になっての立退き命令とは・・・???

そもそも、ガソリンスタンドは旦那氏が購入したので立退き命令自体がおかしい💦

で、自治体から貰った手紙をよーく読んでみると、

ここはガソリンスタンドであって、住居ではない!!!

とのこと。

私の日本での人生は、親の買ったマンション住まいがほとんどだったので、土地・建物関係にはちんぷんかんぷんですが、どうやら土地・建物にも種類があるようです。

どうやら、我々のガソリンスタンドの土地に私たちが住むことは可能だけど、この建物には人が住んではならないという複雑な感じです。ここ数年はグレーゾーンだったらしいですが、昨年10月にPemberton の土地調査が厳しく調べられたようで、うちだけでなく他何件かも立退き命令ではないものの、お店の看板の大きさやフェンスについて変更を求められているようです。

 

我々としては、Pemberton の仕事が落ち着けばそのうちファームに完全撤退する予定ではあったので、これを機にガソリンスタンドを完全封鎖して11月中旬にはファームへ完全お引越ししました。

そんなこんなで、ファームにちゃんと住んでいるのは11月中旬から日本行くまでの約3週間と、日本から帰ってきてから現在までの2週間ほど。

これまで私にとってのファームは、仕事の合間に来るバケーションのような所でしたが、今では我が家。

そんな我が家がいきなり大火災になったこともあり、今年の抱負『我がファームについて理解する』が決まったのです。

とは言っても、Pemberton のガソリンスタンドは旦那氏の持ち物だし、まだPemberton での仕事もあるので、定期的には戻ります。ただ、これまでのように長期滞在ができないだけです。

Pemberton の町は小さいですが、メインストリートに住んでいるため図書館や郵便局、スーパーが近いし、何と言ってもファーム生活とは違って毎日人が見れます。Pemberton はピッキングジョブが多いので、夏にはたくさんのワーホリメーカーで溢れ、たまに日本人ワーホリの子にも出会って日本語で喋る機会があってうれしかったり🙂

もしPemberton へ来ることがありましたら、古いガソリンスタンドを覗いてみてくださいね!運が良ければ、私たち兼業農家がいるかもです👩‍🌾🔧

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村