ナイーブなMEは兼業農家

ワーホリ中に結婚し、現在は西オーストラリア州で兼業農家をしています。

オーストラリアのワイルドフラワー

西オーストラリア州で兼業農家をしております、ナイーブMEです👩‍🌾

 

南半球のオーストラリアでは10月末の現在は、春真っ盛り🌷🌸🌹🌺🌼

 

野生の花が咲き始め、景色に色を与えてくれます😊

f:id:kengyonouka:20181025115239j:image

 

オーストラリアは1億年以上前に大陸として分裂したので、今でもオーストラリア固有の動物や植物が残っているらしい。

 

今回は、そんな独特な野生の花であるワイルドフラワーを紹介します。

この不思議な姿に、みなさん魅了されるされるはず!!


f:id:kengyonouka:20181022183358j:image

これは、私の大好きな花『バンクシア』。

 

バンクシアとはオーストラリア原産のヤマモガシ科の花です。

詳しくはWikipedia を参照してください。

wikipedia:バンクシア

 

Wikipedia によると80種類あるそうですが、私は種類にまで詳しくありません。

 

とにかくこの花の姿かたちが大好きです!!

 


f:id:kengyonouka:20181022185549j:image


f:id:kengyonouka:20181022185632j:image


f:id:kengyonouka:20181024105833j:image

f:id:kengyonouka:20181026082315j:plain


f:id:kengyonouka:20181023122729j:image


f:id:kengyonouka:20181022190203j:image

すごく綺麗でしょ?!

 

これら、私たちのファームの近くで咲いているものです。

 

うちのファームにも2種類のバンクシアが咲いています。


f:id:kengyonouka:20181024105345j:image

 

f:id:kengyonouka:20181024105520j:image

 

これは野生ではなく、昔旦那氏が植えて育てて、花屋さんに売っていたそうです。

今では雨水に頼りっぱなしの完全に放置ですが💦

 

このバンクシアの優れている点は、ドライフラワーにしても元の形が失われないことです。

色は多少落ちます。

 

これはうちのテーブルに飾っているもので、これで1年半前にカットしたものです。


f:id:kengyonouka:20181024105658j:image

ワイルドで素敵でしょ!!

 

 

その他、ファームやファーム近くに咲き出したワイルドフラワーはこんな感じ。


f:id:kengyonouka:20181022191615j:image

これは俗名『カンガルーポウ』と呼ばれてる花です。

ポウとは『足、肉球』という意味で、カンガルーの足ってこんな形しています。

 


f:id:kengyonouka:20181022200436j:image

これは『ロイヤルハケア』と呼ばれる、西オーストラリア州にしか見られない独特な花。

この葉っぱの中に花が埋もれて咲いているらしいですが、人々はこの葉っぱみたいなのを含めて花と呼んでいます。

 


f:id:kengyonouka:20181025174840j:image

f:id:kengyonouka:20181025175037j:image

これは俗名『ボトルブラシ』と呼ばれ、その名の通りボトルを洗うブラシみたいでしょ。

 


f:id:kengyonouka:20181024121517j:image

オーストラリアの国花の『ワトル』です🇦🇺

オーストラリア代表のユニフォームは、黄色と緑なのですが、実はこのワトルの色だそうです。

冬の終わりを告げると一気に咲き出して、当たりを黄色に染めます💛💛💛

 


f:id:kengyonouka:20181024122004j:image

ユーカリの一種『レッドガム』

線香花火みたいな花が落ちると、花の後に写っているヘタみたいなのになって、面白い形の実をつけます。

ユーカリの木にはこんな感じの花が種別で赤や黄色、ピンクと色違いで咲きます。

 


f:id:kengyonouka:20181025093451j:image

こちら名前は不明ですが、ミントの匂いのする木の花。

花の落ちたあとは、不思議な実が枝につきます。

 

 

 

ここまでが名前のわかる花で、これ以降の写真は名前がわかりません。

とにかく可憐に咲く姿が美しくので、ぜひご覧ください!!!

 

f:id:kengyonouka:20181022191629j:image


f:id:kengyonouka:20181023120221j:image


f:id:kengyonouka:20181023120240j:image


f:id:kengyonouka:20181023120258j:image

f:id:kengyonouka:20181023120323j:image


f:id:kengyonouka:20181023120336j:image

f:id:kengyonouka:20181025111624j:image


f:id:kengyonouka:20181025111707j:image

f:id:kengyonouka:20181025114610j:image


f:id:kengyonouka:20181025114635j:image


f:id:kengyonouka:20181025114717j:image


f:id:kengyonouka:20181025114800j:image


f:id:kengyonouka:20181025114828j:image


f:id:kengyonouka:20181025114854j:image

 

それぞれにいろんな形をしていて、個性たっぷりでとても可愛らしいですよね。

 

オーストラリアの花だからこんな形をしているのか、日本でもこんなもんなのでしょうか?

 

日本で生活していたときには、花をゆっくり見る時間なんてありませんでした😣

 

また春に日本に行くことがあれば、ゆっくり観察してみたいと思います。

 

余談ですが、オーストラリアのネイティブ植物は基本的に紅葉はありません。

『紅葉する=外来種』

なので、オーストラリア国内での紅葉はメジャーではありません。

旦那氏からすれば、"美" にも値しないそうな💦

 

そんな旦那氏でも、日本の紅葉を見たときには感動していましたよ!

オーストラリア国内での外来種に対しては、非常に冷たい視点を持っているだけです😅